2018年1月8日月曜日

職務質問の大真実!あなたの常識は非常識だ!実は誰も知らない職務質問の常識とは?





一時自叙伝を休止して、色々と記事を絡めていきます!


~河合主水の都市型護身術~
初心者の為の危機管理術&護身体術講座!



セット商品発売開始から早速購入される方が続出!ありがとうございます!ガンガン売れてます!
まだ購入されていない方、これを機会にぜひ、ご購入下さい。
他、日本初!催涙スプレー講座、スタンガン講座、フラッシュライト講座ございます。新作続々ラインアップ!



新作動画配信開始!

護身用に制汗スプレー・蜂用スプレーは使えるは大ウソ!モンド、某護身術師範の「催涙スプレーはクソ」いい加減発言に喝!

動画公開中!





では、参ります!

皆さん、護身ライフ送ってますか?

日本を中心に活躍する某外国人護身術師範の「こんな護身具は使えない」動画もしかり、常識を知らない護身術師範の如何に多い事。

自身に経験が全くない、検証もしない、調査もしない、第一、犯罪調査自体に興味がない。やるのはエクササイズじみた護身術だけ。

トゥルギ護身術のクロッキーも一緒。エクササイズのみで、危機管理や犯罪調査自体興味が無いから、所詮取ってつけた程度のセミナーを展開。

彼ら師範の間では犯罪心理、危機管理、とは最近言いだしたことである。
それを表だって言う者もいなかったし、以前はただただエクササイズに終始していたのみだ。

これは金にならない!と思いだした彼らが急に手のひらを返したように言い始めた、が真実である。私のHPやブログ、動画を見漁って、今頃手のひらを反してももう遅い。

何より、彼らと私では年季の入り方が違う。私は空手・武道の世界で40年近く、実戦護身術の世界で20年以上の経験がある。犯罪調査も20年以上の経験がある。

彼らはせいぜい10年にも満たない(だがそれは護身術ではなく武道・格闘技経験だろう)。いや、調査自体は行った経験すらないだろう(笑)。誰の話を信じるかはこれを考えてみても分かるだろう。

まあ、それを良しとして(前置きが長いので)、今回は職務質問についてである!

以下記事にて大晦日の状態をお話しした。今回はその繋ぎである。


大晦日は伊勢神宮!ヤンキー続々集結!警察・職務質問は皆無!だったら完全武装でいいやん(笑)の巻。



「肝心な時に警察はいない。どうでもいい犯罪を犯さない一般庶民ばかり取り締まってなんだ!」

「なんや、完全武装で良かったやん。やられたら終わりやん。誰が検挙されることばかり警戒して、家族の命を蔑にするんや!」

ここが根本的な部分だと思う。そして皆さん=日本国民の疑問でもある。

さあ、暴いて行こう。

まず、職務質問の定義についてだが、

職務質問(しょくむしつもん)とは、警察官職務執行法第2条に基づいて、日本の警察官の職務上、異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者又は既に行われた犯罪について、若しくは犯罪が行われようとしていることについて知っていると認められる者を停止させて質問することができる必要最小限に用いられる行為である。職質(しょくしつ)や、バンかけと称される。第二次世界大戦前の日本では不審尋問(ふしんじんもん)といわれた。職務質問は、濫用してはならない事が、現行の法律によって定められている。

となっている。要は、歩行者や自転車、自動車を停止させて話を聞いた時点で職務質問であると言う定義である。

また、

職務質問の役割・性質[編集]

職務質問は、「何らかの犯罪」について捜査の端緒を得ること等を目的とした行政警察活動である。職務質問をきっかけとして犯罪が発覚することは多い[3]。その一方で、他の警察官に職務質問の指導を行う「職質のプロ」であっても、一晩で30人以上に声を掛けても検挙者が0人である日も珍しくない[4]

とあるように、30名以上職務質問をしても検挙者は殆どいない事が普通である、と言う事。

催涙スプレーやスタンガン等の護身具の話をした際に必ず「職務質問が怖い!」という話しを聞くし、

某外国人護身術師範ではないが、「弱者に護身具を使わせないため(商売あがったり)」、「催涙スプレーなんて使えない!そんなもの持たなくて良い!」それに付随して「職務質問されるぞ!」という流れに持っていく場合が多々ある。

さて、それは本当だろうか?

まず、職務質問の流れとして、

①停止させ質問。目的地、行動理由等の聞き取り。

②IDの提示(免許証、保険証、パスポート等)。この時点で身元照会を行う。
また、自動車であれば車検証等の提示。

③所持品検査(バッグ等)

④ポケット検査(これを所持品検査とし、同一であるが敢えて分けておく)
また自動車であれば車内検査。

⑤身体捜索(パットサーチ)

⑥採尿等

基本的に、上記の①で問題が無ければスルーが多く、仮に一歩進んでも②で解放されることが多い。

勿論、職務質問は任意です!協力しません!とか、逃亡を粉うような行為は怪しいとみられ、徐々に下へ進んでいく。

だが、分かって欲しいのは警官に協力し、①と②が正しく出来れば殆どは開放される。なぜならば身元がしっかりと分かっている者に対して踏み込む必要性が無いし、何より、身元を書き留めておけば後に捜査でドアをノックすれば早いからである。

そう、緊急性が無ければ踏み込む必要性は無いのだ。

次に③である。

所持品検査は主にバッグ内の検査となる。バッグの中身をチェックし、軽犯罪法、迷惑条例違反に触れるものが無いか、もしくは財布の中身、カード類まで念入りにチェックし、詐欺に使用されるに値するカード類が入っていないか、身元確認書類と対象者が同一であるか等をチェックする。

この段階でバッグ内と財布内は隅々までチェックされるとみて良い。

だが、これ以上進まない事が殆どであり、①、②と進み、万が一③まで進んだ場合はこの時点で終了である事が殆どである。

そして、主に都内、渋谷、新宿、秋葉原、東京駅等、主要地域にて行われているのがポッケンである。ポケット検査。

これは所持品検査でOKと出た時点で、ポケットの上から触ったり、見せてもらったりする行為の事である。ちなみに警官自ら手を突っ込んでする行為は違法であり、過剰なものである。

ここまで行っている人間はかなり限定的であり、また、上記の地区のような限定された地域のみである。

この段階に進むのは、かなり不審であったり、事件が近場で発生した、身元照会を行った際、前科があったり、何らかの問題があった場合が多い。

例えば、123と声をかけ(2名一組)「00です」と出れば犯歴なし、となる。

↓職質のホットスポット新宿、渋谷等で「職質最短指南動画」をアップしてらっしゃる「職質対応のプロ」DJ・SINさん。




↓動画内、警官の「お宅さん芸能関係?おしゃれだから~」と言う言葉に含みがある事は分かると思う。



123 照会センター

照会時A号(前科・前歴の照会)該当内容
00 該当無し
01 殺人
02 強盗
03 強姦
04 暴行
04-K 公務執行妨害
05 住居侵入
06 窃盗
07 銃刀法
08 薬物(麻薬・覚醒剤)
09 放火
10 凶器準備集合 


だが、こう言った事柄は都内に多く、まず地方では殆どない。これを理解してほしい。

皆さんが恐れている(犯罪者は恐れて当然だが)、警官に職務質問される!というのは明らかな間違いだと言う事だ。

「でもオレは4までショッチュウされているぞ!」という方。それはあなたの場合であって、一般人、日本国民全体の事ではないんです(笑)。

勘違いしないように!

日本の警察はしっかりとした仕事をしてくれているようだが、そこまで暇ではないのも事実なんです!!!忙しいんですよ!!!

さあ、「でもオレは4までショッチュウされているぞ!」と言う方に以下のデータをお見せします。

リサーチパネル・警察から職務質問を受けたことはありますか?


かなり貴重ですが、有用であるのに反して誰も見ていないし、気にも留めていない。特に某護身術師範なんて絶対見ていないでしょう(笑)。


警察から職務質問を受けたことはありますか?というリサーチの結果である。述べ3万5千人以上が回答している。

そして特筆すべきはどういう状況であったか、を克明にコメントしている事である。コメント総数は1000件以上。

職務質問に遭ったことある、ない、を中心にどういった状況で有ったのか、を書き込んでいる。

まず、35113件のうち、職務質問に遭ったのが27.1%。ないと答えたのが72.9%となった。

あると答えたのが9515人=9千500人

ないと答えたのが25597人=2万5千人

と言う結果である。さあ、これを見て多いとみるか少ないとみるかであるが、意外にも多いじゃないか!これは職務質問気をつけよう!という方、ちょっと待って欲しい。

では、ここからはコメントに注目である。コメント内はほとんどが「ない」というコメントで、その中でも「ある」、とした人の回答は殆どが「自転車関連」だったのだ。


あるとした回答の約147件は自転車関連であった。

自転車に乗っていて職務質問をされたとの事。

次にその内容は、「無灯火の注意」「登録番号の照会」というものであった。このほとんどが、無灯火、登録番号で問題が無ければ解放されており、前述した職務質問の流れ①すら行っていない事が分かる。

これ、実は岐阜でも多いので良く分かる。要は盗難自転車が多く、それに付随した捜査であり、チェックなのである。

よって、夜間に自転車に一人乗って走っている男性辺りはもっとも引っかかりやすいとは言えるが、しっかりと警官の質問に答え(自転車を降りたほうが良い)、登録番号を紹介させれば問題は無い。

また、オンボロ自転車に乗っていたりすると職務質問に遭う可能性はあるが、警察の職務質問にしっかり応じれば問題は無い。ましてや、4まで進むことは非常にまれである。

進むことがあるとすれば、「人相が悪い」、茶髪、金髪等色が違う、迷彩服を着ている、冬なのに半袖、黒っぽい服で身を包んでいる、マスクに帽士、刺青、ヤンキーっぽい服等々、声をかけられる自分に問題があると見たほうが良い。

(中には抵抗してこないような色白で華奢なオタクタイプを職務質問の練習台として行う話も聞いたことはある)

そして、次に意外にも多いのが童顔、もしくは未成年、学生に対する職務質問。


見た目が若いと言うだけで職務質問をされた場合もある。それは家出を疑ったり、深夜徘徊を防止する意味で、である。

勿論、状況が分かれば即解放されるし、年齢が判明すれば「すみませんでした!」となる。そして当然ながら、「犯罪ではない」ので、①②程度で終了する。

当然ながら、皆さんが考えているような「体中をまさぐられ」とか、「バッグの中をひっちゃかめっちゃか」という状況は殆ど無い事を理解して頂きたい。

皆さん、警官を過度に警戒しすぎである。彼らも仕事で行っている。しっかりと職務質問に答え、①②がこなせればほとんど問題が無い。
万が一、③や④まで至った場合でも、事件が発生した場合等あるので、協力すれば良い。



よって「弱者による護身具の携帯」は可能である(犯罪者はNO)。



男性の場合、稀にある職務質問で万が一の場合、①~④をクリアすれば問題は無い。(SSRでは海外での潜入等を踏まえ⑤にも対応する裏ワザを教授しているが)



ちなみにこれは独身男性の場合である。家族・カップル単位・女性・高齢者でなく、一人で行動する成人男性の話である。



女性であれば、小型催涙スプレー・ポリスマグナムF605をバッグに入れていても、正当な理由を言えば問題が無い(具体的に帰宅経路でわいせつ事案、痴漢事案、ひったくり等が発生したと言えばよい。



何ならば、発生した事件記事の切れ端やプリントアウトし所持携帯して見せる事。これは弱者である女性が心配すべきことではない。
警察が弱者である女性でも安全に暮らすことが出来るようパトロール、捜査を強化する事だからだ。よって心配は一切ない)。



逆に言ってあげれば良い。「ではどうしてパトロール強化してくれないんですか?私は怖くて怖くて眠る事も出来ないんです!」ここまで言えばほとんどが解放である。



いや、まず言ってくるような警官ならばどうかしている。そんな警官でも「没収」程度で終了だろうけれど。



家族も同様。誰が子供を世話している人間に声をかける必要があるのか。
家族が要ると言うこと自体が身元がしっかりしているという証拠である。また、警官にも子供が要る場合が殆どだし、家族が要る。
そんな面倒くさい事はしないし、まずそんな話は聞かない。よって、世のお父さんは胸を張って家族を守って欲しい。



カップルもそう。「よっぽど外見に問題があれば別」だが、体をまさぐったり、バッグをまさぐったりしない。



高齢者は分かるとは思うが、職質したら逆切れし、転倒したら大変である。警官も後々面倒になる事はやらない。



一応こんな所である。何かあれば加筆を行っていく。

以上。



最後に巷の護身術が如何に間違っているか、正すための動画を公開する。超実践護身術を


教えているAIMアカデミーでの様子である。



↓向かって左ナイフを持った大柄な人間が講師、右は武道経験があるのだろう、巷の諸護身術に似たテクニックを披露している。開始30秒、ナイフ刺し1分10秒、必見である。

  



  答えは滅多刺し!



↓こんなナイフ技術を持った人間とやり合えるのか?よ~く胸に手を当てて考えてみてほしい。 愛知県豊明市の一家惨殺事件のように大陸の人間(軍歴のある者が契約殺人、強盗や窃盗団に身を転じる)が絡んでいると噂される事件もある。

  






体術だけでは命がいくつあっても足りない! いい加減、護身具を使おう(笑)。



通常護身術、護身具講習、護身具販売、他質問等については、河合主水まで御連絡下さい!まずは氏名、住所のみ記名で送って頂ければ詳細返信いたします!




まずはこちらまでメールを!
(例:護身具講習について、護身具販売について)
 ↓↓↓↓ 
suishin_ryu@yahoo.co.jp

超実戦護身術、プライベート講習のみでなく出張も受け付けております!ご自宅でも講習が可能!護身体術、護身具術、危機管理術、ホームセキュリティ、対野獣護身術、
ボディガード訓練など、一から教授致します! 




<護身具販売SSRセルフディフェンス&無料護身具講習>
  
病院や学校等公共施設、警備会社、タクシー会社等での護身具販売・護身具講習は河合主水にお任せ!どういった時にどういった種類の護身具を使用すれば良いか、的確にアドバイスします!

                           





購入された場合は無料講習を行っています!この機会にぜひどうぞ! まずはメールにてご相談下さい。
↓↓↓
suishin_ryu@yahoo.co.jp 


☆精神的に強くなりたいなら武道。 

喧嘩で強くなりたいなら格闘技か武道。  

リングの上なら総合格闘技。

 「見た目が格好いい」アクション護身術がいいなら巷にある護身術。 

軽度の護身術(酔っ払い程度)に対処するなら巷にある護身術。

 法的対処・ガチ対応含め、リアルに犯罪全般・凶悪犯罪・テロ事件に対処したいなら

「SSRセルフディフェンス」


 凶悪犯罪・テロ対策には断然、SSRセルフディフェンスである。これは間違いない。
本物の護身のプロが在籍しているから使える真の護身術!


SSRセルフディフェンスでは徒手格闘術・身の回り品を使用した護身術の他に、催涙スプレーやスタンガン、特殊警棒などの護身具の使用方法から銃器、クロスボウや刃物、スリングショット等特殊凶器に対応するための取り扱い訓練も行っている。 

催涙スプレーやスタンガン等護身具、は持ってさえいれば「すぐ使えると勘違いする方」がいるが、そんなに簡単ではない。SSRセルフディフェンスにて取扱い訓練、シュミレーション訓練を必ず受講することをお勧めする。 SSRセルフディフェンスでは護身具訓練も集中して行っている。





「人間、生きていることを感じるためにも、武道や格闘技をお勧めする!」





長い人生、生きていればイヤな事もあるし、気持ちが下がっていく事もある。 そういった時に自分を奮い立たすことが必要だ。  

そんな時は体を動かすことが最も重要である。

中でも武道や格闘技は集中力を高める要素がある。

集中力を高めれば、人生がぶれることは少なくなるし、多少ぶれたとしても軌道修正が容易になるのだ。 自分を変えてみたい!と言う方は水心流空手まで気軽にどうぞ。 


また、護身術講習もスカイプ講習も好調である!ドシドシご連絡下さい。以下メールで河合主水まで。

suishin_ryu@yahoo.co.jp




↓祝!15万回アクセス達成!↓







0 件のコメント:

コメントを投稿