2016年7月22日金曜日

<テ○ンス・リーとクロッキー&メディアの罪>コネと詐欺が横行する護身術業界に喝!


祝!クロッキー、女○セブンに護身術講座掲載!7月28日付のセブンに掲載決定!

やはり我らがクロッキー!

クロッキー万歳!

着々と世界征服、いやもとい、ゼンコック目指して邁進中のクロッキー。
女○セブンだよ、女○セブン。

凄いよ。

だって本屋に行ったら必ず置いてあるんじゃないの?

後は美容院にも?

完全に勝ち組じゃないか?

クロッキーのメンタリティには誰も叶わないだろう。

今頃、クロッキーは鏡を見ながら、

「俺って凄いだろ!格好いいだろう!やっぱり俺って天才でMAX!」

とかやっているんだろうな~。

うらやまし~~~(棒読み)

さあ、ここで皆さん、危機管理のプロ、護身のプロであるテ○ンス・リー問題を思い出してみよう。



以下記事参照。


護身術、危機管理って?



元フランス外人部隊員や傭兵だと自称し、証拠であるライセンスも提示せず、カラシニコフを操ってスナイパーであったと自称、その上、暗殺者だと言う始末。

詳細はこちら!

こちらも!

また、格闘技のプロで、あらゆる格闘技を極めかつ段持ち(黒帯)だとか(笑)。

メディアも証拠取らずに良くテレビ挙げたな(笑)。

どれだけいい加減なんだよ。

それが結局、路上で酔っ払いに喧嘩を売られて買ってしまい、近くの駐車場まで行って逆に瞬殺、ボコボコにされる。

弱すぎ~~、ついでに体もたるみすぎ~(笑)。

それについて非難されれば、

「いや、あの時は犬が近くにいたから守ってやった」とか、

「足の古傷が痛み始めて逃げられなかった、立てなかった」などと次から次へと嘘八百のオンパレード!

ついに、再度メディア露出を始めたリーに対し、メディアは今度はこぞって彼を擁護し始めるような記事やインタビューを始める。

実際は自転車から押し倒された挙句、右目を蹴られ眼窩底骨折の重傷(目には黒いアザ、それを隠すためサングラスを取らなかった)、そのまま足蹴にされて足を重傷(実はだから足を引きずっていた)。

取材当時、目の方は急速に冷やして腫れを引かせたんだろう。あの時メディアもサングラス強制的に外してやればよかったのに(爆笑)。

今後の仕事にも響くから本人必死だわ(笑)。


テ○ンス・リー独占激白、正当防衛できなかった本当のワケ



リー(実名:加○善○)自身、元はFMさ○みDJ、出会い系(○○系)などをやりながら放蕩生活を送るも、何か金にならないものは無いかと、危機管理、世界情勢に目を向ける。

証拠はここ!(HP内リンク=出会い系欄を直接クリック!)

2002年7月中旬にカ○ウ・ブレーントラストから突然、デ○テルインテリジェンスに変え経営方針転換、取締役を変える。

危機管理云々の妄想がここから始まる。

証拠はここ!日付は上記ボックスを確認!

これは金になる!

そこでいかがわしい業界のコネを使い(元々テレビ業界と密着しコネがあった)、進出していくリー!

そこで次々と自傷行為、いや自称行為を繰り返す事となる。

正に詐欺の典型である。

だいたいこういう人間(詐称人間)は経歴があいまいである。

元傭兵と言っておきながら、何らかの証明(写真等)も提示できない。実際、傭兵にはライセンスと呼ばれるものが無い。ここが傭兵詐称が詐欺者に選ばれる所以である。

以下、経歴詐称問題の例。(現在リンクは消されている)


実戦護身術の第一人者、柘植久慶氏、毛利元貞氏に関して。


また、格闘技経験があります!と言っておきながら正式な所属記録も証明書も掲載しない。なぜならば元々無いに等しいからである(いや、無いんだから)。

それでもある!というのならば、修了証(認可状・証明書)や、黒帯の一つでも見せればいいだけである。しかしながらそれが出来ない。

なぜならば、詐称人間だからである。

クロッキーもそう。

柔法に関しては、本人が大東流合気柔術の段持ちである、と言っており、「証拠から」間違いないと言える。

これは認める。だが、合気柔術が護身術として機能するか否かは私の記事を見てもらえばよい。


<衝撃事実暴露!>古流武術の達人が15秒で瞬殺。師範は元大東流合気柔術経験者!?


しかしながら、打撃系格闘技に関しては非常にあいまいで、ほとんど出したがらない(試合をしている写真一枚)。

出したがらないのは師範・支部長レベルでは無かったことを意味し、中途半端に続けていただけの弱小人間であったことが窺い知れる。

そんな人間が、講習内容に打撃技術を加えるのは(合気柔術には無い技術)はっきり言ってお門違いではないか?

その道を極めていないんだから。

要は世間によくある、あちらもかじり、こちらもかじり、という奴だろう。全く定まらない、いい加減な奴である。

その上、総合格闘技や寝技等の長期経験が無いにもかかわらず、トゥルギ・グラップリングだと言う始末(笑)。

そして実際グラップリングの意味を勘違いし(笑)、お互いに立ったまま掴み合い、捌きあうだけの訳の分からない技術を公開してしまう頓珍漢さ。

詐称を通り越して、ただの馬鹿者である。

だから何度も言うように、金網デスマッチでもやってヒョードルあたりにボコボコにされればいいだろう(笑)。

よって、そんな詐称人間についていっている受講者もメディアも完全な同罪だと言える。

ただの馬鹿者だろう。

こうやって真の護身術情報が世間の目から隠されていく!危惧されるべき問題である!

立ち上がれ!マスコミ業界!

嘘を暴け!マスコミ業界!


以上!



正しい護身技術を教授しているのはSSRセルフディフェンスだけである。 超実戦!リアルな護身術を学びたい方は、SSセルフディフェンスへお気軽にどうぞ!

suishin_ryu@yahoo.co.jp 



>>>>>

 <護身具販売SSRセルフディフェンス&無料護身具講習>  

病院や学校等公共施設、警備会社、タクシー会社等での護身具販売・護身具講習は河合主水にお任せ!どういった時にどういった種類の護身具を使用すれば良いか、的確にアドバイスします!


                           











購入された場合は無料講習を行っています!この機会にぜひどうぞ! まずはメールにてご相談下さい。 

suishin_ryu@yahoo.co.jp 


 精神的に強くなりたいなら武道。 

 喧嘩で強くなりたいなら格闘技か武道。  

リングの上なら総合格闘技。

 「見た目が格好いい」護身術がいいなら巷にある護身術。 

軽度の護身術(酔っ払い程度)に対処するなら巷にある護身術。

 リアルに犯罪全般・凶悪犯罪に対処したいならSSRセルフディフェンス。


 凶悪犯罪には断然、SSRセルフディフェンスである。これは間違いない。

SSRセルフディフェンスでは催涙スプレーやスタンガン、特殊警棒などの護身具の使用方法から銃器、クロスボウや刃物、スリングショット等特殊凶器に対応するための取り扱い訓練も行っている。 

催涙スプレーやスタンガン等護身具、は持ってさえいれば「すぐ使えると勘違いする方」がいるが、そんなに簡単ではない。SSRセルフディフェンスにて取扱い訓練、シュミレーション訓練を必ず受講することをお勧めする。 SSRセルフディフェンスでは護身具訓練も集中して行っている。









人間、生きていることを感じるためにも、武道や格闘技をお勧めする










長い人生、生きていればイヤな事もあるし、気持ちが下がっていく事もある。 そういった時に自分を奮い立たすことが必要だ。  

そんな時は体を動かすことが最も重要である。

中でも武道や格闘技は集中力を高める要素がある。

集中力を高めれば、人生がぶれることは少なくなるし、多少ぶれたとしても軌道修正が容易になるのだ。 自分を変えてみたい!と言う方は水心流空手まで気軽にどうぞ。 

また、護身術講習もスカイプ講習も好調である!ドシドシご連絡下さい。河合主水まで。

suishin_ryu@yahoo.co.jp 


↓河合主水の勝手にテーマソング(笑)。護身ブログ「脳内」テーマソング・愛知県出身の歌手ビッケブランカ「ファビュラス」です。「Life is Fabulous!」人生は素晴らしい! 



(私が勝手にそう思い込んでいるだけであって同歌手・バンド制作サイドは、河合主水及びSSRセルフディフェンス、水心流とは一切関係がございません)   










以下、日頃から当ブログを懇意にして頂いており、気持ちを一つにして頂いている武道・格闘技経験者の方達である。ここに紹介させて頂く。 















ここに書き切れなかった方がいるとは思いますが、今後、徐々に追加しリンクを張らさせて頂きます!(不都合な場合はメッセージを送って頂ければ削除致します)



0 件のコメント:

コメントを投稿